ナースセンター

看護の心 普及活動について

みんなで話そう―看護の出前授業

 県内の中学生・高校生を対象に、現職の看護職が直接貴校に出向いて話をしたり、簡単な技術体験をしたりします。進路指導や総合学習などにお役立てください。

■内容
 ご希望をお知らせ下さい。以下は内容例です。

  1. 看護職の仕事(仕事内容・魅力、患者とのエピソードなど)
  2. 看護職への道(資格の取り方、看護職になるための進路など)
  3. 社会における看護職の役割(災害支援など)
  4. 簡単な看護技術の体験(聴診器で心音を聴く、血圧や脈を測るなど)

■費用
 無料。会場と設備のご準備のみお願いいたします。

 
■実施例
 令和2年9月2日㈬ 石川県立内灘高校


【担当教諭のねらい】 
 様々な職業観に触れる一環として、看護を含めた医療の仕事に興味を持ってもらう。
【講師】
 前田 朝陽氏(金沢医科大学病院・慢性呼吸器疾患看護認定看護師)
 小林 茜氏(金沢医科大学病院・助産師)
【内容】
 前田先生の講義では、息が吐けない苦しさをストローで体験したり、タバコを吸うと肺がどれだけ汚れるかを実験動画で説明していただきました。小林先生には、一般の人が持つ看護師や助産師のイメージに対し、実際はどうなのかなどについてお答えいただきました。
 

■申込方法
 申込書を下記よりダウンロードし、郵送、FAX、メールにてお申込み下さい。
 現役看護職の日程調整の都合上、お申込みはご希望日の1~2カ月前までにお願いいたします。下記「取材協力のお願い」も併せてご覧下さい。
  LinkIcon 申込書(Word)
    LinkIcon 取材協力のお願い(PDF)

お申込み・お問合せ
 公益社団法人 石川県看護協会(担当:中川)
 〒920-0931    金沢市兼六元町3-69
 TEL   :076-232-3573
 FAX   :076-232-3973
 E-mail:koho@nr-kr.or.jp

5月12日は看護の日 〜2020年はナイチンゲール生誕200年〜

 
 この度の新型コロナウイルス感染症拡大を受け、参加者の皆様、患者様及び医療スタッフの皆様の健康と安全を守る観点から、2020年「看護の日・看護週間」関連イベントは全日程中止とさせていただきます。
 また別の形で皆様のお役に立てる機会をご提供できるよう、今後の感染状況も見守りつつ計画してまいります。

響け、追悼の鐘! 響け、エールの鐘!

 
 令和2年5月12日㈫「看護の日」に合わせ、妙法寺(金沢市寺町)の住職・出島元寿さんが新型コロナウイルス感染症の犠牲者の方々への追悼と、医療従事者らエッシェンシャルワーカーの方々への感謝の気持ちを込めて、正午に寺院の鐘をついてくださいました。現地には小藤幹恵協会長も駆け付け、住職さんに倣い、心を込めて鐘をつかせていただきました。
  ※出島元寿さんは、NPO法人がんとむきあう会(金沢市石引)のメンバーの方です。