ナースセンター

離職される方への大切なお知らせ

退職予定看護職員の届け出について

看護師等の人材確保の促進に関する法律(人確法)の改正により、離職時などに看護師等免許保持者がナースセンターへ自身の情報を届けることが、平成27年10月1日より努力義務化されました。
届出は、スマートフォンやインターネット、ナースセンターで行うことができます。

届出の対象者

人確法上、以下の方は届出(努力義務)の対象者となります。

①病院等を離職した場合

※「病院等」とは、病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、指定訪問看護事業を行う事業所が含まれています。

②保健師、助産師、看護師、准看護師の業に従事しなくなった場合

③免許取得後、直ちに就業しない場合

④現に業務に従事していない看護師等

届け出る方法

届出の対象者本人が直接ナースセンターへ届け出る場合

①看護師の届出サイト「とどけるん」をご利用ください。
②本人用の届出票(様式3)をダウンロードして、必要事項を記入の上、石川県ナースセンターへ直接提出してください。
 

離職時等に就業先が本人に代行して届け出る場合

下記の①(パソコンを使用する場合)または②(直接届け出る場合)の手続きをとってください。
①パソコンを使用する場合

    • eナースセンターの求人施設登録を行い、届出制一括登録からダウンロードしたエクセル表を作業手順に沿って届け出てください。

②直接届け出る場合

    • 届け出票(様式2)を取りまとめて石川県ナースセンターへ直接届けてください(郵送・持参など)。
    • ※さらに退職看護職員届出提出票(様式1)をダウンロードして必要事項を記入の上、郵送もしくはFAXなどで必ず石川県ナースセンターに送付してください。
    • (様式1の送付は上記①・②いずれも必須です)

看護師等人材確保推進法の改正について

(看護師等の届け出等) 平成27年10月1日施行
第十六条の三 看護師等は、病院等を離職した場合その他の厚生労働省令で定める場合には、住所、氏名。その他の厚生労働省令で定める事項を、厚生労働省令で定めるところにより、都道府県センターに届けるよう努めなければならない。
2 看護師等は、前項の規定により届け出た事項に変更が生じた場合には、厚生労働省令で定めるところにより、その旨を都道府県センターに届け出るよう努めなければならない。
3 病院等の開設者等その他の厚生労働省令で定める者は前二項の規定による届け出が適切に行われるよう、必要な支援を行うよう努めるものとする。


ご不明な点などございましたら、石川県ナースセンター(TEL.076-225-7771)までご連絡ください。
厚生労働省の関連サイトでは、より詳しい内容とQ&Aをご確認いただけます。

実践!看護技術シリーズ

 教育DVD視聴により看護職の再就業にむけて看護技術の不安の軽減を図る事を目的としています。
 
申込については、下記まで連絡ください。
石川県看護協会 ナースセンター
電話(076)225-7771(ナースセンター直通)