看護協会とは

公益社団法人石川県看護協会とは

本会に入会した看護職(保健師、助産師、看護師及び准看護師)が自主的に活動する職能団体です。公益社団法人日本看護協会との連携のもと、教育と研鑽に根ざした専門性に基づき、看護の質の向上を図るとともに、安心して働き続けられる環境づくりを推進し、合わせて人々のニーズに応える地域医療、保健・福祉の推進を図ることにより、人々の健康な生活の実現に寄与することを目的としています。

石川県看護協会の沿革

昭和18年

県内保健婦により石川県保健婦会を結成

昭和21年

日本産婆会、日本看護婦協会、日本保健婦協会の3職能団体を一本化した日本助産婦看護婦保健婦協会(26年社団法人日本看護協会と改称)の設立により、助産婦部会石川県支部、保健婦部会石川県支部を組織
昭和23年には、看護婦部会石川県支部も結成され、全国組織の下に職能団体活動を開始

昭和42年

社団法人石川県看護協会を設立会員数1,436名)。
同年看護協会 会館を建設して活動拠点を築き、会員福祉、職業倫理の向上、看護職員の教育研修等の公益法人活動を開始
49年にナースバンク、53年に看護職の無料職業紹介所を開設

昭和56年

現在地に石川県看護研修センターを竣工

平成4年

看護婦等人材確保法による石川県ナースセンターの指定を受けて、県民の看護サービスの向上に寄与する多くの公益的事業を推進

平成5年

日本看護協会組織の改組により日本看護協会石川県支部解散

平成12年

研修センター別館竣工

平成24年

公益社団法人石川県看護協会へ移行

事業概要

定款第4条に定める次の事業を行っています。

  1. 専門教育等による看護の質の向上に関する事業
  2. 看護業務、看護制度の改善等に関する事業
  3. 看護職の労働環境等の改善及び就業促進による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  4. 地域ケアサービスの実施及び促進等による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  5. 日本看護協会との相互協力及び連携に関する事業
  6. その他本会の目的を達成するために必要な事業

情報公開