ナースセンター

頑張る職場の声届けます

一人のナースとして成長することを考え続け、
それぞれの現場環境の向上に取り組んでいます。

男性看護職による座談会

■ 独立行政法人 地域医療機能推進機構
 金沢病院附属病院訪問看護ステーション(金沢市)
 管理者 新井 優さん
■ 国家公務員共済組合連合会 北陸病院(金沢市)
 主任看護師 辻口 良介さん
■ 医療法人社団 中央会 金沢有松病院(金沢市)
 主任看護師 藤原 秀明さん
■ 訪問看護リハビリステーションOHANA(内灘町)
 施設長 寺口 尚人さん
※写真左から辻口さん、藤原さん、寺口さん、新井さん

現在の仕事内容を教えてください。

新井:現在は訪問看護を担当しています。利用者さんのご自宅に伺って、ケアをすることはもちろん、訪問看護に関連した調整や相談など各種業務も行っています。管理者ですが、一般のスタッフと同じ仕事をしています。
 
辻口:外科と内科の混合病棟に所属をしています。主任という立場は、師長とスタッフの間に入る中間管理職的なポジション。意見や要望を受け止め、整理して双方に伝えるなど、調整役も務めています。
 
藤原:私も辻口さんと同じ混合病棟に勤務をしています。病棟の管理も同様で、師長と連携をしながら、空きベッドを出さないようにコントロールをしています。このほか、夜勤もしっかりと出ています。
 
寺口:病院勤務などを経て、2年前に訪問看護リハビリステーションOHANA(オハナ)を立ち上げました。皆さんと同じで看護と管理をし、さらに経営もしています。
 

看護師になったきっかけを教えてください。

新井:今振り返ると単純な理由ですが、人の役に立ち、「ありがとう」と感謝される仕事に就きたかったからです。いろいろな仕事が該当するのでしょうが、看護は患者さんが回復に向かう姿を間近で見られるので、とてもやりがいがあるだろうなと思っていました。
 
藤原:社会福祉学科を卒業後、精神科のある病院で勤務をしていました。やりがいはありましたが、将来のことを考えて看護師免許を取得することを決意。看護学校で学び直しました。精神科を経験していたので、次は一般科に入って、しっかりと看護をしたいというイメージを持っていました。
 
辻口:高3の頃、父ががんの治療のために入院していた病院で、看護の奥深さを知りました。私の父は息子から見ても結構気難しい人物でしたが、担当のナースは積極的に介入し、私たち家族の気持ちも尊重してくれました。これが興味を持ったきっかけです。その後、父は亡くなるわけですが、今も続けていることを考えると、運命だったのかなと思うこともあります。
 
寺口:私も辻口さんと同じ理由です。私の場合は、父ではなく祖父の入院がきっかけでした。術後のせん妄で苦しむ祖父を声かけ一つで落ち着かせる姿を見て、大切な人をケアできればと看護師を目指すことにしました。
看護学生の頃から、訪問看護ステーションを立ち上げようと思っていました。准看護師として午前は働き、午後は学ぶハードな日々を送り、毎日目の前の業務や課題をこなすだけで精一杯でした。そのような日々の中、訪問看護の実習に参加すると、滞在時間は限られているけど、ナースコールもなく、ゆっくりと向き合えることに魅力を感じました。まだ看護師として、十分な経験はありませんでしたが、同級生と一緒に「いつか訪問看護をしよう」と語っていたことを思い出します。
 
藤原:看護学生の頃から、そこまで先を見据えられるのは、すごいですね。
 
新井:訪問看護の実習は、確かに評判がいいですね。私の学生の頃はありませんでしたが、今も学生を訪問先に連れて行くと、何らかの手ごたえを感じているようです。病院とは違う雰囲気がいいんでしょうね。
 
寺口:実は訪問看護をやりたいなと思ったのは、辻口さんの勤務する北陸病院で実習をしていた頃です。北陸病院の訪問看護を経験でき、本当によかったと思っています。
 
辻口:当院では希望するスタッフが訪問看護に同行することができます。入退院を繰り返す患者さんの自宅に初めて伺い、生活の場に入ることで。その人らしさが見えてくるようです。若い看護師は、どうしても業務を優先しがちですが、ぜひ訪問も体験してほしいです。訪問看護には、看護の原点があると、私は思っています。
 
寺口:私もOHANAを開設する前に、訪問看護ステーションで修業をさせていただき、あらためて学ぶことばかりでした。この在宅で得た知識を病院勤務のときに持っていれば、もっと多くの患者さんを良い状態にして、自宅に帰せたのではないかなどと思ったほどです。病棟担当のナースが訪問看護を経験できれば、さらなる成長につながると思います。
 
新井:病院が地域の訪問看護ステーションともっと交流ができればいいですよね。
 

皆さんの仕事におけるモットーや心がけを教えてください。

新井:自分も患者さんも、スタッフも楽しいと感じられるような仕事を心がけています。患者さんの病気を治すことはもちろん大事ですが、楽しみにしていることがあれば、その実現を目標として据えるようにしています。例えば、将棋が好きだけど、今はできない利用者さんがいれば、どうすれば再び指せるようになるかを考えるようにしています。
 
辻口:働きやすい環境で、みんなに仕事をしてほしいなと常々思っています。1日が終わったときに、業務ではなく「看護をしたぞ」と充実した気分を味わってほしい。だから、1日1回でいいから、ベッドサイドで患者さんと話をしようと伝えています。「忙しいオーラ」は抑えて、話を聞く姿勢を出していけば、職場の雰囲気はもっとよくなるはずです。
 
藤原:同感です。加えて、女性看護師ばかりの職場に男性看護師が入ることで、良い意味で緊張感を生み出すようにしています。楽しむときは楽しんで、集中するときは集中するように引き締める。そのコントロールをするように意識しています。
 
辻口:確かに、数少ない男性看護師が仕事モードに入るためのスイッチ役を務めることはありますね。
 
藤原:反対に男性看護師だけの病棟も機能しないでしょうね。でも、キャリアの最初の頃は、性別を気にしていましたが、今はもう全く気にならなくなりました。
 
新井:私もそうでした。最初は「男性看護師としてどうあるべきか」とこだわっていましたが、経験を重ねるにつれて「一人のナースとして、どう成長すべきか」と意識が変わりました。
 
藤原:ところで、男性という理由で訪問看護を断られることはありませんか?
 
寺口:それはありますね。依頼時に「女性の看護師さんをお願いします」と伝えられることも珍しくありません。自宅に面識のない男性が入ることに、抵抗感を示す方がいても不思議ではありませんから。
 
新井:一方で男性看護師のリクエストをいただくこともあります。訪問看護の現場では男性看護師も増えてきたので、これからは男性を指名される方も増えるのではないでしょうか。
 
寺口:最後になりましたが、私の心がけはスタッフに気持ちよく働いてもらうことです。ストレスを抱えていると仕事に悪影響が出ます。例えば、小さなお子さんがいて、外で働けないのであれば、ステーションに連れてきてもいいですし、個人の事情を踏まえて活躍できる環境を整えるようにしています。
 

これからの目標を教えてください。

新井:訪問看護は、まだまだ知られていないと思います。だから、地域の皆さんに訪問看護のことをもっと知ってほしいです。話す機会があれば積極的に出向きたいですし、学生さんの実習も受け入れたいです。
 
辻口:新年度から病棟を一旦離れ、医療安全に関わる業務に就くことになります。新しい部署で頑張って、そこで得た知識や経験をいつか病棟で還元できればなと考えています。
 
藤原:有松病院は、子育て中の母親にとって、休日はとりやすく、時短勤務や突然の休暇希望もOKで、大変働きやすい病院です。この温かい雰囲気を大切にしたいと思います。一方で、子どもがいない看護師が不公平を感じないように、待遇をよくするなど、みんなが働きやすい職場づくりを目指したいと思います。
 
寺口:まずは、経営の安定が第一です。その上で、私たちのできることを増やしていきたいと考えています。私が管理者を務めるOHANAは、ハワイの言葉で「家族」という意味です。血縁関係だけではなく、地域をともにする皆さんを含む広い意味での「家族」です。これからも地域の皆さんの健康を支え続けたいですね。

バックナンバー

理想は高く、時に厳しく、
スタッフ一丸となって取り組んでいます。

一般財団法人 石川県予防医学協会スタッフ4人による座談会
■ 社会福祉法人 能登福祉会 特別養護老人ホーム あっとほーむ若葉
  施設介護事業部長 岡田 英子さん
■ 社会福祉法人 白字会 特別養護老人ホーム ゆきわりそう
  看護リーダー 竹田 まゆみさん
■ 社会福祉法人 鹿北福祉会 特別養護老人ホーム 秀楽苑
  管理者 平場 美恵さん
■ 医療法人社団 生生会 介護老人保健施設 えんやま
  師長 小坂 よし子さん
 
コミュニケーションを大切に、看護部全体で人を育て、
チーム強化を図っています。

医療法人社団浅ノ川 心臓血管センター 金沢循環器病院
看護部長 木間 美津子さん
 
さまざまな取り組みと地域の力を活かし、
退院後の生活を支援しています。

珠洲市総合病院 地域包括ケア病棟
師長 舟木 優子さん
 
認知症看護の「新人認定看護師」として、
1日でも長く現場に立ち続けます。

公益社団法人 石川勤労者医療協会 訪問看護ステーションつくし
森尾 貞子さん
 
看護の本当の楽しさを知るために、
自ら考えるナースの育成に力を注いでいます。

医療法人社団金沢 宗広病院
看護部長 中野 真由美さん
 
スタッフの意見を大切に、話しやすく、
働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

医療法人社団 さくら会 介護老人保健施設さくら園
看護課長 浅井 美千代さん
 
教育と経営の両面で力を発揮し、看護の質を高めています。
独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター
看護部長 青木 きみ代さん
 
患者さんとご家族を想う看護が私の原点です。
町立 宝達志水病院
総看護師長 昔農 美智代さん
 
母子の生命と健康のために、いつも笑顔で全力を尽くしています。
金沢聖霊総合病院
助産師 Tさん、Yさん
 
日本一の総合健康診断施設を目指し、チーム一丸となり、
県民の皆さまの健康・安心・安全に貢献します。

一般財団法人 石川県予防医学協会スタッフ4人による座談会
■ クリニック部長 東田 孝子さん
■ クリニックリーダー 下村 優美子さん
■ 健康増進部保健看護グループグループリーダー 宮本 律子さん
■ 健康増進部保健看護グループリーダー 中谷 宏美さん
 
地域とともに33年。患者さんと同じ目線で、
自然体で受け入れることを大切にしてきました。

医療法人社団 岸谷内科医院
院長   岸谷 正雄 様
看護師長 岸谷 保子 様
 
企業で働く看護職の皆さんで座談会を開きました
■ 早川 知子さん  先端ファブリックメーカー勤務
■ 吉田 ゆかりさん トラック架装メーカー勤務
■ 前野 朋美さん  電子部品メーカー勤務
■ 橘 由佳さん     外資系製造業(精密鋳造)勤務
■ 辻󠄀 真理子さん    総合素材メーカー勤務
■ 平野 智美さん    電子部品メーカー勤務
 
患者さん一人ひとりに心を尽くし、信頼を築いています。
城東やすらぎグループ 医療法人十全会 十全病院
村本 和行 グループ代表看護部長
 
新たな環境で、医療への考え方や求める人材像を再認識しました。
医療法人社団 良俊会 介護老人保健施設ふぃらーじゅ
山本 正樹 施設長
 
各部門や職員の円滑なコミュニケーションで、
組織のレベルアップに取り組んでいます。

羽咋郡市広域圏事務組合 公立羽咋病院
総看護師長 山中 由貴子さん
 
健康診断受診者の皆さんの健康と生活をサポートしています
JCHO金沢病院 健康管理センター
副看護師長 特定保健指導チームリーダー 佐藤 陽子さん
特定保健指導チーム 仙崎 佳子さん
 
看護も介護もプロであることを意識し、介護スタッフと協力しています
社会福祉法人 輪島市福祉会 「あての木園」
看護責任者 鬼平 晶子さん
 
スタッフのレベルを引き上げ、一人ひとりに合うケアを実践
医療法人社団 田谷会 介護老人保健施設 グリーン・ポート小松
施設長  宮永 章一さん
看護主任 村田 美幸さん
 
周囲のサポートを支えに、再就業後のキャリアを歩んでいます
金沢医科大学病院 整形外科病棟
看護師 中塚 咲貴さん
 
新しい環境に飛び込むことを恐れず、できることを探しましょう
金沢医科大学病院 医療技術部採血室
看護師 杉田 かおりさん
 
仲間とともにこの病院で学び、頑張り、これからも成長する
医療法人社団さくら会 森田病院
看護部長 安田 美恵子さん

看護師  正木 克枝さん
 
施設と協力し、支援を必要とする人に手を差し伸べる
輪島市地域包括支援センター
次長(保健師) 田口 佐和子さん
 
利用者さんに寄り添う看護で「その人らしく」を大切に
訪問看護ステーション ぬくもり
管理者 津田 好美さん
 
一人ひとりの人生と向き合い、ともに歩む看護を実践
独立行政法人国立病院機構 石川病院
看護部長  池田 富三香さん
副看護部長 伊藤 千穂さん
 
サロンで活き活き、帰って活き活き
小松市民病院 くっつりサロン
専従看護師 山崎美和さん
 
地域の患者さんの信頼に応えるケアを続けています
医療法人財団 新村病院
看護師長 高瀬 美保子さん
 
訪問看護を通して、人生の輝きと安心、喜びを知る
訪問看護ステーションこまくさ
管理者・訪問看護師 尾崎 寿美栄さん