教育計画

公益社団法人 石川県看護協会 定款

目的 第3条

 本会は、公益社団法人日本看護協会(以下「日本看護協会」という。)との連携のもと、保健師、助産師、看護師及び准看護師が、教育と研鑚に根差した専門性に基づき看護の質の向上を図るとともに、安心して働き続けられる環境づくりを推進し、あわせて人々のニーズに応える地域医療・保健・福祉の推進を図ることにより、人々の健康な生活の実現に寄与することを目的とする。

事業 第4条

 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1 専門教育等による看護の質の向上に関する事業
  2 看護業務、看護制度の改善等に関する事業
  3 看護職の労働環境等の改善及び就業促進による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  4 地域ケアサービスの実施及び促進等による人々の健康及び福祉の増進に関する事業
  5 日本看護協会との相互協力及び連携に関する事業
  6 その他本会の目的を達成するためにも必要な事業

事業計画

【重点事業】

1.地域包括ケアシステムの推進に向けた人材の強化
2.能登北部地区に重点をおいたナースセンター事業の充実強化
3.看護の質向上のための生涯にわたる専門教育等の充実
4.様々な場の看護職が働き続けられる労働環境の改善

【教育理念】

看護職者の専門職業人としての生涯にわたるキャリア開発と自律を支援する

【教育目的】

1.看護専門職として継続的に研鑚し、変化する医療や社会のニーズに対応できる能力向上を図る
2.看護専門職として、幅広いネットワークを構築するとともに、関係職者と協働し、看護職の役割を発展させる能力の向上を図る

【教育方針】

 公益社団法人石川県看護協会は、継続的かつ多様な学習機会を設け、本会の定款3条の目的実現に資するために、職能団体の責任において看護職としての生涯教育を推進する。
 本会は、日本看護協会の「看護の将来ビジョン」を達成するために「質の高い看護人材を育成する教育・研修・認証制度の構築」を目的としている。これを踏まえ、年間の研修計画を国・県の施策等と連動させ、あらゆる看護実践現場において必要な知識・技術・態度の習得と維持向上、および指導者・看護管理者の育成を支援する。

「生活」と保健・医療・福祉
をつなぐ質の高い看護の普及に
むけた継続教育
1)新たな社会ニーズに対応する能力支援のための研修
 ①新人研修
 ②ジェネラリスト研修
  看護理論・感染・家族看護・認知症・退院支援・
  リーダーシップ・がん・医療安全・チーム医療・
  小児・成人・老年・精神・急性期・終末期・
  地域看護・エイズ研修・男性看護師
 ③訪問看護研修
 ④医療機関看護師の在宅支援研修
 ⑤災害看護研修
 ⑥看護職のキャリアと働き方に関する研修
 ⑦在宅医療・介護施設で働く看護職員のための研修
2)診療報酬に関連した研修
 ①認知症高齢者の看護実践に必要な知識
 ②医療安全管理者養成研修
 ③診療報酬に関連した研修
能力開発を支援する教育体制
の充実に向けた継続教育
1)施設内教育担当者育成・支援のための研修
 ①教育担当者
 ②実習指導者
2)再就業支援研修
職能別継続教育 1)保健師実践能力向上のための研修
2)助産師実践能力向上のための研修
看護管理能力向上を支援する研修 1)看護管理を担う人々を対象とした研修
 ①労務管理研修
 ②看護補助者活用推進のための研修
資格認定教育 1)認定看護管理者教育課程(ファーストレベル)
2)認定看護管理者教育課程(セカンドレベル)
看護学会 第27回石川県看護学会

 
 
1)新たな社会ニーズに対応する能力支援のための研修
 ①新人研修
 ②ジェネラリスト研修
  看護理論・感染・家族看護・認知症・退院支援・リーダーシップ・がん・医療安全・チーム医療・小児・成人・老年・精神・急性期・終末期・地域看護・エイズ研修・男性看護師
 ③訪問看護研修
 ④医療機関看護師の在宅支援研修
 ⑤災害看護研修
 ⑥看護職のキャリアと働き方に関する研修
 ⑦在宅医療・介護施設で働く看護職員のための研修
2)診療報酬に関連した研修
 ①認知症高齢者の看護実践に必要な知識
 ②医療安全管理者養成研修
 ③診療報酬に関連した研修

 
 
1)施設内教育担当者育成・支援のための研修
 ①教育担当者
 ②実習指導者
2)再就業支援研修

 
 
1)保健師実践能力向上のための研修
2)助産師実践能力向上のための研修

 
 
1)看護管理を担う人々を対象とした研修
①労務管理研修
②看護補助者活用推進のための研修

 
 
1)認定看護管理者教育課程(ファーストレベル)
2)認定看護管理者教育課程(セカンドトレベル)

研修プログラムはこちらから
キャリナース「研修情報」についてはこちらから