教育計画

石川県看護協会教育計画基本方針

平成30年度 石川県看護協会 教育計画

1 基本方針

 石川県看護協会は、継続的かつ多様な学習機会を設けて、本会の目的実現に資する看護の専門職業人としてのキャリア形成支援を推進する。
 2009年(平成21年)の法改正により、看護職には卒後臨床研修その他研修による資質向上が努力義務化された。本会は、年間の研修計画を国・県の施策等と連動させて企画し、看護実践現場において必要な知識・技術・態度の習得と維持向上、及び指導者・看護管理者の育成を支援する。

2 研修プログラムについて

 研修プログラムは、6つの企画区分で構成している<表1>。また、研修のねらい・内容・対象は、受講者の看護実践領域・職種・職位・経験年数等に応じて企画されており、一部の研修プログラムには、応募用件を設けている。

<表1>研修の企画区分
Ⅰ 教育委員会企画の一般研修 1 看護共通 2 老年看護 3 精神看護 4 地域看護
5 小児看護 6 看護管理 7 新人看護職研修
Ⅱ 職能委員会・
  その他の委員会企画の一般研修
1 助産師職能委員会企画の研修
2 看護師職能委員会Ⅰ企画の研修
3 災害看護委員会企画の研修
4 医療・看護安全対策委員会企画の研修
5 学会委員会企画の研修
Ⅲ 開催協力研修 日本看護協会主催インターネット配信研修(オンデマンド)
Ⅳ 石川県からの受託研修 1 看護師エイズ研修会
2 石川県実習指導者講習会
3 新人看護職員研修事業
 「教育担当者研修会」
4 産科医療体制強化事業
 「助産師実践能力強化のためのスキルアップ研修」
5 在宅医療・介護施設で働く看護職員のための研修
6 看護職員認知症対応力向上研修

Ⅴ 訪問看護推進および医療機関
  看護師の在宅支援に関する研修
  (県受託研修を含む)
1 訪問看護推進に関する研修
2 医療機関看護師の在宅支援研修
Ⅵ 認定看護管理者教育課程 1 ファーストレベル
2 セカンドレベル

研修プログラムはこちらから